LIBE池袋店ブログ

全国最大規模のニューハーフヘルス LIBE(ライブ)池袋店の公式マネージャーブログです。オトクな割引情報・最新情報を随時更新中です!

[小説]新人男の娘と乱れたい3

「人差し指が入るようになったよ」

声をかけると俺のモノをくわえる力が強くなった。
彼女のゾウさんをくわえるのはもう止めていたが、彼女はそれに気づかず夢中でしゃぶっていた。
彼女のアナルは大分とろとろになっていた。
だけれどまだ俺のモノが入るような大きさじゃない。
もっと柔らかくして、広げないといけない。
そうしないと痛くしてしまうからね。
ぐにぐにと人差し指をくねらせていくと、アナルに空気がまじりくちゅくちゅと湿った音が室内に響いた。

「エロいね」

彼女の腕が俺の腰に回された。彼女の口に俺のモノがのどにささる程深く入り込んだ。
俺のモノを飲み込むことで恥ずかしさをごまかしているつもりなのだろうか。
俺は人差し指に加えて中指を入れた。
2本入れるとまだまだ窮屈だ。3本は入れられるようにならないといけない。

「くちゅくちゅ」

音を声に出すと俺のモノを甘噛みされた。
痛くはないけれどこそばゆい。気持ちいいが。
初めの緊張はもう感じない。こねればこねるほどにどんどん柔らかくなっていく。
ただもう興奮が止まらない。もう我慢できない。

「そろそろイクから1回外に出すよ」

俺は声をかけたが彼女の口は離れなかった。
口に出してしまいたい。
そう思ったがそれはルール違反だ。
名残惜しいが無理やり引き抜こう。

「むぅぅぅ」

彼女の鼻からこぼれる不満そうな声と共に俺のモノを逃がさないように強烈なバキューム。
それでもそれに抗うように一気に引き抜く。
バキュームで増幅された引き抜く時の強い反発。
温かい口の中から冷たい外気にさらされていく。
敏感な部分を彼女の歯がこすっていく。
名残惜しそうに俺のモノの割れ目を彼女の舌が刺さり追い打ちをかけられた。

「うっ」

俺はギリギリだが彼女の口からモノを抜けた。
だが彼女の顏に思いっきりどぱっとかけてしまった。
彼女の顏は俺のザーメンで白く化粧されてしまった。


←前回

次回→

 

 

投稿者情報

黒井きの
悶々とエロ小説を垂れ流す風俗店新人事務員。口には出さない。出せない。妄想力が高い。

コメントする

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top