LIBE池袋店ブログ

全国最大規模のニューハーフヘルス LIBE(ライブ)池袋店の公式マネージャーブログです。オトクな割引情報・最新情報を随時更新中です!

[小説]新人男の娘と乱れたい2

「可愛いな。君は」

俺はまたぎゅっと思い切り抱きしめた。彼女の体は柔らかかった。

「なぁ、キスしてもいいか?」

彼女はためらいがちにこくんと頷いた。
彼女の唇は柔らかかった。彼女の唇を俺の舌で割り、彼女の歯に舌を這わせた。
甘い唾液をすすり、彼女の舌を絡めとる。
くちゅりくちゅりと息継ぎの度に空気が混じる。
左手をゆっくりと服の下に潜らせるとお腹に触った。
彼女の口から「あ」というか細い声が漏れた。
へそに触りながら彼女の舌を弄び続けた。

「なぁ、お尻触ってもいいか?」

彼女の了解はもう確認していなかった。
右手を前からパンツの中へと潜り込ませた。
一瞬、男の娘の男の娘たる部分が手に当たった。
袋の部分をちょっと触ると「ひゃん」という可愛い声が彼女の口からこぼれた。

「なぁ、竿が大きくなってきてる。興奮してる?」

彼女の顔が赤くなり、竿がどんどん硬くなっていく。
竿を右手でしごくと「やん」という声が漏れた。
彼女のスカートとパンツを右手でゆっくりとおろしていく。
徐々に空気にさらされて、小さくも赤く腫れた竿が見えていった。

「大きいね」

彼女の顔はどんどんと赤くなっていく。
興奮している彼女の小さなゾウさんも鼻を高々と持ち上げていた。

「なぁ、食べてもいいか?」

彼女は何も言えなかった。
ただ手で顏を隠した。
彼女のゾウさんに舌を沿わせると「あ……あ……」という声が漏れていく。
彼女のアナルを左の人差し指でこねる。
まだ硬い。もう少しこねないといけない。
「なぁ、俺のもやってくれないか?」

俺はズボンとパンツをおろすと俺のモノがボロンと出た。
彼女の顏が一瞬固まった。
俺が彼女の体を軽く押すとあまり力を入れていなかったが、その体はベッドへぽすんと軽い音をたてて倒れた。
彼女の体に覆いかぶさり、彼女のゾウさんを口にくわえると、やがて湿った感触が俺のゾウさんにきた。
おずおずとぎこちなく動く舌の感触を受けて、思わず引けそうになる腰を抑えた。
俺が彼女のゾウさんをなめる動きに合わせて、彼女の舌の動きが一生懸命に真似をするように動く。
また彼女のアナルに指を這わせてこねると少し湿り気を感じた。


 

←前回

次回→

投稿者情報

黒井きの
悶々とエロ小説を垂れ流す風俗店新人事務員。口には出さない。出せない。妄想力が高い。

コメントする

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top