LIBE池袋店ブログ

全国最大規模のニューハーフヘルス LIBE(ライブ)池袋店の公式マネージャーブログです。オトクな割引情報・最新情報を随時更新中です!

紙巻きたばこと電子タバコ(iQOS,glo)の違いについて!

こんばんは、LIBE東京池袋店事務員、アキラと申します
みなさんタバコってご存知ですか?いえ、知っているとかではなく吸っているか吸っていないかという感じでございます
私は、吸う側の方でして、大体二日~三日で一箱なくなるくらいの喫煙率です

さて、世間ではiQOS(アイコス)やglo(グロー)などの非燃焼式タバコが主流になってきておりますね
そこで今回、紙巻きたばことiQOSとgloこの三つの違いが何なのか調べてきてまいりました!

その一、紙巻きたばこ
大体の方が想像するタバコといいますと紙で巻いてあるものに火をつけて吸うといういわゆる紙巻きたばこだと思います
さてこの紙巻きたばこ実は歴史が長く1853年ごろにできたといわれております。
まぁ、そんな歴史の話なんかされても私はわからないので詳しくは調べてはおりません!
構造は刻みタバコ葉を紙で筒状に巻いたものでその先にフィルターが付いているものでございます


(画像は大体のイメージ絵です)ウィキペディアより引用
ちなみにこのフィルター初めてついたのは1957年から発売しておりますホープが最初みたいですよ
と、まぁここまで簡単に書きましたが、紙巻きたばこのメリット、デメリットは
メリット
パイプ等の喫煙具を持たなくていい
携帯に優れている
準備が簡単
デメリット
灰や吸い殻といったゴミが多い
匂いが臭い
煙たがられる
といった感じです

その二、iQOS(アイコス)
非燃焼式電子タバコといいますと大体の方といいますか、もう代名詞ですよね
そうiQOS(アイコス)でございます
発売と同時に即品切れという、たばこ業界では異例の事態で製造工場がフル回転しても間に合わないというとんでもない代物でございます
これには製造元のフィリップモリスジャパンもびっくりですね!
私も買おうかどうか悩んでいたらいつの間にか品切れに次ぐ品切れ状態に…
今ですと新型の2.4plusも発売して市場に出回るようにはなりましたがそれでも品薄という状態でございます
まぁ、長々商品レビューもどきを語ってても仕方ないですからね
iQOS最大の特徴はその喫煙方法でございます
簡単に説明しますと専用のカートリッジを本体にさして加熱してそして吸うという
火を必要としないその手軽さでございます
カートリッジを・・・

挿して・・・

スイッチオン!

これは・・・たしかに手軽だ・・・
そして、他の特徴は紙巻きタバコよりも害がない、匂いが少ない、灰がでない等と言った特徴がございます
と、まぁ簡単に書きましたがメリット、デメリットは
メリット
紙巻たばこよりも健康的
煙が少ない

灰が出ない
火を使わないので安全
デメリット
一回吸い終わるたびに専用本体に戻して充電をする
20本毎に専用ブラシで掃除をする
といった感じです

その三、glo(グロー)
iQOSが発売されてから数ヶ月・・・最初は地域限定販売だったglo(グロー)ですが2017年10月頃には全国販売される予定とのことです
色はiQOSと異なり四色あり「シャンパンゴールド」「モーヴピンク」「ストーンブラック」「ミストブルー」と色が豊富でございます
そして、gloはその見た目から・・・↓ ↓ ↓

 

 

 

 


ドーンッ!
こんなカバーシールが存在いたします
なんとも面白いカバーシールでございます(笑)
さて、肝心の性能でございますがiQOSと比べると
一回の使用可能時間は約3分(iQOSは約6分)
iQOSは明かりで過熱完了を知らせるのに対して、gloは振動(バイブ)と明かりで知らせてくれるという
振動の後に四等分された円形の光、これがすべて点灯すると加熱完了の合図!
さらに完了すると振動してくれるので見ていなくても分かる!

喫煙可能時間の終わりごろは、iQOSはやはり明かりでお知らせ
対するgloはこちらは振動と分かりやすい
吸い終わりも、iQOSはワンアクション必要だが、gloはそのまま引き抜けばいいという簡単仕様
こんな感じに引き抜くだけ

そして、iQOSとgloその最大の違いは本体の違いでございます
え、何言ってんだこいつとか思わないでください
iQOSは本体と喫煙器具の二つと別れております
gloは本体と喫煙器具が一体となっており、iQOSの弱点?となっていた吸い終わり時に本体に収納するという手間が省けております
ここまで簡単に説明しましたがメリット、デメリットは
メリット
iQOS同様健康面に優れ、煙が少なく、においが少ない
バッテリーの持ちがいい
吸い始め、吸い終わり時に振動するのでわかりやすい
吸い終わり時の吸い殻の取り出しが簡単
デメリット
喫煙可能時間が3分と短い
iQOSに比べて吸いごたえが軽く感じる
といった感じです

どうでしたでしょうか?
このほかにも、プルームテックというのもあるのですが、こちらはどうやら2017年の6月とgloよりも先に発売しているのですが
なぜか、使用している方をあまり見ない代物です
なぜですかね?

 

ちょっとでも、参考になっていただければなと思います!
以上、池袋店事務員アキラでした良き喫煙ライフを!

(このブログは換気扇の下からお送りしております・・・)

投稿者情報

アキラ
タバコとゲームをこよなく愛する池袋事務員でございます!
趣味:音楽ゲーム、ボーダーブレイク、TRPG、同人ゲーム(東方project)
オタクですが、そこまで色濃くないなんか薄いオタクです
ついでに、なぜだか運も薄いです
テトリスさんに毎日いびられております(笑)

コメントする

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top