LIBE池袋店ブログ

全国最大規模のニューハーフヘルス LIBE(ライブ)池袋店の公式マネージャーブログです。オトクな割引情報・最新情報を随時更新中です!

言いたいけど言えない!だって大人だもん

female

風俗内勤には言いたくても言えない大人の事情がたくさんある。
それは女の子の情報だったりお客様の情報だったり、はたまたお店の情報だったり業界の情報だったり、色々だ。

今日、松本人志「やっとベッキーなくなったなー」と芸能界でぽろっとコメントする中、内勤は「ついにあの子退店してしまったなー」とつぶやくこともそうそう許されない。

退店したことさえも、いつパネルが消えたのかさえも、公言しないことがある。

私はこれを「ステルス退店」と呼んでいる。

「ステルス退店」は、なにも何か問題があったとか、トラブルがあったとか、そういうことで起こることは滅多にない。
主にコンパニオンの希望で、「こっそり、目立たないように退店したい」という要望が通ったときに発生する。

先月、今月もステルス退店で卒業していった子たちがいたことにお客様は気づいているだろうか?

・・・

きっと本指名のお客様は気づいているだろうしそういうお客様には女の子も自分から宣言しているかもしれない。

Transgender_Pride_flag

ニューハーフヘルスという風俗は特殊だ。もちろん、ニューハーフ・男の娘だから、という所はもちろんなのだが、普通の女の子のお店とは入店理由の傾向が明らかに違うだろうし、女の子の店が基本的に顔出しNGなのに対して、どういうワケかこの業界では顔出しアリが当たり前という常識がまかり通っている。不思議だ。

ニューハーフヘルスに入ってくる女の子の入店理由の8割程度は「性転換費用」である。
SRS(性別再判定手術または適合手術)にかかる金額はダウンタイムの費用も含めてゆうに200万円を超えるといわれている。
さらに、整形なども必要な場合は上限がない。

日本では性別変更後の戸籍変更は認められているため、ある程度、女性として暮らすことができる外見などが叶っている場合には完全に女性として生きていくこともできる。ということもある。
当店には、「あとは性転換費用だけ」という状態で入店している子が多数在籍する。クオリティが高いといわれる所以はそこにあるのだろう。

今までにたくさんの子が入店し、卒業し、実際に貯めたお金で性転換をしていった。

「ただ自分らしく生きるためのお金」を稼いで卒業していったのだ。

あの子たちは元気でやっているだろうか、私のやってきたことは果たして、正しかったのだろうか。

・・・半面、志半ば、折れてしまった子はどこにいるのだろうか。

そんな黄昏の中、また一人、志を達成して前を向いて生きていく強い子たちがいる。
「性転換をしなくても、私は私」という強い意志を持つ子もいる。

私たち内勤も、そういう子たちにむしろ励まされ、また励まし、生きているのだ。
もし悩んでいる子がいたら、どうか、怖がらずに一度面接だけでも受けに来てほしいものだ。

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ども。初めて書き込みます。

    NFヘルス故の理由があるのがわかりました。

    密かに去って行かれるのも頷けます。

    ひとり、馴染みの顔が無くなってました。。
    手術のことは風の便りで聞いてました。

    戻って来ないとなれば寂しくなりますね。(禁句かな)

    お気に入りの子からは将来の夢を聞いています。

    精一杯応援してます、だけど出来る事ならずーっと働いてもらいたい。

    お気に入りの子が去ってしまった時の喪失感は半端なものではありません。

    退店後暫く立ち直れないなと思っています。

    だからお願いです。
    その子との思い出を忘れられるように、いろんなタイプの子を入店させて下さいね。

    これからも遊びに行くことで応援していきます。

    • >>Taka様
      いつもご利用ありがとうございます。
      これからも新しい子をどんどん入店させられるよう尽力してまいります!
      本当にありがとうございます。 森

コメントする

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top